img_02

不動産投資でのirr

不動産投資ではirrを用いて評価を行うこともあります。
これは複利計算に基づいて投資の利回りを計算する方法です。

マンション投資 会社に関するご質問を解決いたします。

不動産投資のirrでは複利計算に基づくということなのですが、これは現在価値を導くために割り引くとも言えるでしょう。

例えば、今100万円をもらうのと、1年後に100万円をもらうのとでは、どちらが特なのかを考えてみましょう。

運用手段を持たない人にとってはどちらも同じかも知れませんが、例えば銀行預金をできるのえあれば利子を得ることができます。

マンション投資 業者情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

ですから、今100万円をもらえば1年後は利子の分だけ増えるわけですから、こちらの方が特です。このようなことを計算するために、将来の金額を現在の価値で割り引いて計算するのが投資をするときには必要な事だと考えられます。


例えば、3%で確実に運用できる債券があった場合、1年後の103万円は現在の100万円と同じ価値を持ちます。このようにして、将来の価値を割り引いて計算することが必要となります。
これを方程式に当てはめて計算すれば不動産投資でのirrを計算できることになります。



導くべき利回りをxとすれば、n年後の収入を現在価値に直すと、n÷(1+x)となります。


これを投資する期間にわたって合計し、そして初期投資金額と等しくなるように方程式を立てて解けば利回りを計算することができるのです。計算式で表すと複雑に見えますが、お金は早くもらった方が特だということを考慮した利回りだと考えるとわかりやすいでしょう。